>
法人概要

 

法人概要

理 念

聖書「人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい」(ルカ6章31節)

 

運営方針

私たちは、全人的ケアを行い、社会に仕えられ社会に仕える、時代のニーズに応える、福祉は人であるを目指します。

 

成り立ち

1997年、呉市の20のプロテスタントのキリスト教会が、高齢者のために、キリストの愛で仕えたいという祈りとミッションによって、社会福祉法人政樹会(現 呉ハレルヤ会)を設立しました。

 

 

沿革

1997年 社会福祉法人政樹会(現 呉ハレルヤ会)設立
1998年 ケアハウス・デイサービス開設
2001年 呉市在宅介護支援センター開設
2004年 居宅介護支援事業所開設
2006年 かるが会と連携して天応・吉浦地域包括支援センター開設
2007年 小規模多機能ホーム、グループホーム開設
2009年 個別対応デイサービス開設
2012年

ヘルパーステーション開設

2013年 サービス付き高齢者向け住宅ハレルヤ開設
カフェごはんハレルヤ
グループホームべたにあ開設
2014年

単行本「CS(顧客満足)は女子力で決まる!」に掲載される

2016年 10月 東京都杉並区荻窪に訪問看護ステーション開設

 

 

ご挨拶

社会福祉法人 呉ハレルヤ会は、1997年9月、呉市及び近郊のキリスト教会が、高齢者のために、キリストの愛に仕えたいという祈りとミッションを持って設立されました。

様々な困難がありましたが、その時々に最善の道が開かれ、現在に至ります。これからも高齢者の人生の締めくくりの時に、職員を大切にし、愛された職員はご利用者を大切にするケアを行なっていきます。ベタニアに関わったすべての方が「ベタニアに出会えてよかったと思える」出会いの場所となれば幸いです。

 

地域に根ざして
社会福祉法人 呉ハレルヤ会には、法政大学大学院客員教授・広島国際大学臨床教授・広島県認知症介護指導者・看護師・主任ケアマネジャー・社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・栄養士がおり、ケアハウス・デイサービス・個別対応デイサービス・小規模多機能ホーム・グループホーム・ヘルパーステーション・居宅介護支援事業所・サービス付き高齢者向け住宅・カフェごはん・呉市地域相談センターを展開している、福祉専門職の集まりです。

 

単行本「CS(顧客満足)は女子力で決まる!」 著者:小川 孔輔 に掲載されました

 

 顧客満足・従業員満足・収益力の同時達成で企業は育つ。

 7社の事例(シンガポール航空、劇団四季、オルビスなど)に、

 呉ベタニアホームが取材され本に掲載されました!!

 10月1日(水)

 呉市長小村和年様に本の贈呈をさせていただきました!

 10月5日(日)

 単行本「CSは女子力できまる!」が日本経済新聞の書評欄に取り

 上げられました。

 10月24日(金)

 単行本「CSは女子力できまる!」の広告を載せた、ベタニア送迎車 

 が走りだしました。

 

 

 

 

実習施設

呉ベタニアホームでは広島国際大学臨床教授・広島県認知症介護指導者等がいるため、多くの実習生を受け入れています。そのため、利用者に関する心身の情報を含む個人情報を提供できるものとします。

  • 介護職員初任者研修
  • 国立病院機構呉医療センター付属呉看護学校(老年看護学実習)
  • 認知症介護実践研修・リーダー研修・管理者研修・開設者研修
  • 社会福祉援助技術現場実習
  • 介護福祉士養成実習
  • 小学生キャリア教育
  • 高校生施設インターシップ学習

 

ボランティア「サランの会」

 ふれあいサロン

  ふれあいサロンは、2004年11月より、呉市第三地区社協とボランティアグループ「サランの会」の協働で開催しています。
対象者は、呉市の第三地区にお住まいの65歳以上で、お元気な方です。実際は、対象地区外のお住まいの方も参加されています。自治会長、民生委員、ボランティア、当職員が参加、協力しています。
毎月1回、月曜日の13時半から15時半までです。
内容は、ラジオ体操に始まり、その時によって違いますが、手工芸、腹話術、ゲーム、講師を招いての勉強会、絵手紙等で、テイータイムもあります。
この集まりで、参加された方は心身がリフレッシュされ、おやつもあるので大好評です。お一人暮らしの方、閉じこもりがちな方には、外出の良き機会になっています。

 

ベタニアたより

 平成30年ベタニアたより 夏号
 平成29年ベタニアたより 冬号
 平成29年ベタニアたより 夏号
  平成28年ベタニアたより 冬号
  平成28年ベタニアたより 夏号
 平成27年ベタニアたより 冬号
 平成27年ベタニアたより 夏号
  平成26年ベタニアたより 冬号
  平成26年ベタニアたより 夏号
  平成25年ベタニアたより 冬号


 

現況報告書等

 

  定款(平成29年7月)
     理事名簿(平成29年)  役員報酬等規程、理事長等業務(平成29年7月)
  全体注記表  総括表(平成27年度)
  現況報告書(平成28年4月1日現在)
  資金収支計算書・事業活動財務諸表・賃借対照財務諸表(平成27年度)
  全体注記表  総括表(平成26年度)
  現況報告書(平成27年4月1日現在)
  資金収支計算書 (平成26年度)
  事業活動財務諸表   賃借対照財務諸表 (平成26年度)

  現況報告書(平成26年4月1日現在)

  総括表 (平成25年度)

  財務諸表 (平成25年度)

 

 

個人情報の取扱について

1.個人情報の適切な取得、管理、利用、開示、委託

  1. 個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。
  2. 個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
  3. 法人が委託をする医療・介護関係事業者は、業務の委託に当たり、個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインの趣旨を理解し、それに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ個人情報に係る契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。


2.個人情報の安全性確保の措置

  1. 法人は、個人情報保護法の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報に関する規則類を整備し、必要な教育を継続的に行います。
  2. 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、またはき損の予防及び是正のため、法人内において規則類を整備し、安全対策に努めます。


3.個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等への対応
法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には、個人情報相談窓口(電話0823-26-8844)までお問い合わせください。

 

資料請求フォーム

下記の各記入欄に必要事項とお問い合わせ内容をご入力の上、送信をお願いいたします。
お客さまの個人情報の取り扱いに関しましては、上記の「個人情報の取扱について」をご覧下さい。
お問い合わせ状況によって、返信に多少のお時間を頂く場合がございます。
必須項目は全てご記入ください。ご記入いただかないと送信できません。

 

(*)

(*)

(*)

(*)

(*)

(*)

資料をご希望の施設名を選択してください(複数選択可)

(*)

 

 

レーナ・マリアコンサート 平成29年5月27日(土)

 

御礼

5月27日のレーナ・マリアコンサートにお越し下さり、誠にありがとうございました。

様々な試練や困難、多くの喜びがありましたが、こうして当法人が20周年を迎えられましたのも皆様のあたたかいご支援とお祈りの賜物と感謝申し上げます。

この感謝の思いを皆様にどのようにお伝えすればよいか、私ども皆で話し合いました。
そして、レーナ・マリアさんのコンサートを開催することに決め、障害の中にある方々や子どもたちを招待して、一人でも多くの方と一緒にレーナさんの天使の歌声を楽しみたいと祈り続けてまいりました。

 当日は呉市文化ホールが千名近い人でいっぱいになり、感激しました。
また、コンサートの後、皆様より‘レーナさんの歌声に励まされました’‘感動した’とのお言葉を頂き、大変うれしく思いました。

 これからも地域の皆様に喜ばれるような施設となるよう、役員、職員、心を合わせて努力してまいりますので、これからもご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


              社会福祉法人 呉ハレルヤ会
            統括施設長  里村 佳子
 

 

 尊厳ある介護 

 認知症や介護の問題について「尊厳ある介護」と題して、統括施設長の里村佳子が

Webサイトのニュースソクラに連載をしています。

 ニュースソクラの掲載コラムの一部をHPに掲載します。

 毎週土曜日に更新予定です。

 

認知症の人のプライド ~ビニールエプロンが傷つけた理由~
認知症の人は嘘を見抜いている ~嘘で取り繕うと、信頼を失う~
過去に苦悩する認知症の人 ~人生の未解決問題が噴き出す~
得意の計算力生かし、ゲームに誘う ~環境変化に弱い認知症の人~
認知症の人の本当の探し物 ~探しモノを見つけて疑われたが…~
認知症は注意深い介護で改善できる ~水を飲ませるだけで症状緩和も~
認知症には「傾聴」が不可欠です ~一日15分の傾聴で介護が楽に~
認知症の人への尊厳ある言葉かけ ~ある施設で職員が怒鳴っているのを聞いてしまい~
早期発見が難しい若年性認知症 ~うつや統合失調症に誤診されやすい~
存在に癒される多幸的な認知症の人 ~脳の異変が原因だが、家族による支えも大きい~
夕暮れ症候群が現れたら ~「家には誰が待っていますか」などと傾聴を~
介護役のご主人と離れ元気に ~赤ちゃんのように首がすわらなかったが~
施設入りやヘルパーを拒否されたが ~望まぬ入院で「施設」の快適さに気づく~
利用者が暴力や性的声かけをすることも ~スタッフの尊厳をどう守るか~
介護施設の見極め方、素人とは違う運営者の目で見ると ~なによりも施設長に共鳴できるか~
超高齢者に少なくない超幸福な人 ~老年期の幸福の秘訣を、先人に学ぶ~
介護の仕事は本当に3Kなのか ~社会福祉法人の離職率は平均より低い~
PDCAサイクルで、認知症ケアを深める~根拠を持てば変わる、介護の仕事の奥深さ~
挨拶だけで喜ぶ、寂しい高齢者もいる~追い詰められているときに知った「介護の仕事の喜び」
施設スタッフは利用者に狎れてはいけない~家族の頻繁な面会は利用者を穏やかにする~
「安全だけでいい」わけがない ~介護に対する思いを、施設建築で表現~
ちょっと違った「サ高住」をつくりましたが… ~新しい施設作り、老後の選択肢を拡げる~
介護サービスを提供するためのスタッフの適正数は
小室哲哉さんの会見からみえる介護 ~40歳以上でも特定疾病なら介護保険の対象になる~
どうしても防げない事故以外は徹底して防ぐ ~防げる介護事故と、防げない介護事故~
攻撃的な態度にも理由がある ~利用者間の人間関係 スタッフはどう介入すべきか?~
物盗られ妄想は、親しい人に向けられがち ~人生を盗られたとの訴えのよう~
重度の認知症の方にも「コーヒーですか、紅茶ですか」と聞き続ける ~答えられなくても、感情には伝わる~
認知症の人が絵手紙を盗った、ネガティブ感情を探ってみたら… ~たいてい認知症の人自身が答えを持っている~
認知症、いまが辛いと「輝いていた時」に戻る ~相手の見ている世界に寄り添えると~
経営者としての人柄の奥に、隠れていたもの ~抑え込んできた過去の表出が、認知症の人の重荷を下ろす~
母の後悔を知り、わだかまりは溶けた ~認知症になった母と和解した娘~
「長女さんに連絡すればよかった」 ~家族との行き違い 相談員の後悔~
寄り添って、一緒に指で叩いてみたら ~唯のイエス・ノーから、まとまった受け答えに~